血管外科の第一人者である教授が、Rods&Conesを利用してベストプラクティスを共有する方法

グザビエ・ベラール博士は血管外科医で、2010年からボルドー大学病院血管外科のコンサルタントを務めています。また、ボルドー大学の血管外科の教授でもある。

血管外科は、動脈、静脈、リンパ管などの血管系に影響を及ぼす病気に対処する手術です。長く、複雑で、深い手術を伴う、高度に専門化した分野です。血管形成術やステントグラフト移植を学ぶための血管内シミュレーターは数多く販売されていますが、大動脈瘤の修復術のような血管手術を実際に行い、研修生や外科医のトレーニングを行う機会は、世界的に見ても不足しているのが現状です。

トレーニングの最も効果的な方法の一つは、ライブの手術を録画して医学生や専門家と共有することですが、それには適切な技術が必要です。Xavier Berard博士はいくつかの解決策を試し、最近Rods&Conesのリモートアシスタンスサービスの利点を発見したのです。

 

チャレンジ

"このデバイスがあれば、必要に応じて手術を録画し、ストリーミングすることができます。教育のための強力なツールです。"

ボルドー大学血管外科教授 Xavier Berard氏

フランスでは、世界中の他の多くの国々と同様、開腹手術のトレーニングに対する需要が非常に高いのです。しかし、問題は多くの研修生を受け入れるには、トレーニングセンターの数が限られていることです。例えば、フランスは人口が約7000万人ですが、トレーニングセンターは30しかなく、そのすべてが複雑な血管内手術や開腹手術に対応しているわけではありません。

さらに、血管外科では、教科書では十分に学ぶことができない技術が必要です。開腹手術を見ることができない研修生は、シミュレーションに頼って学ばなければなりませんが、このような複雑な手技には理想的ではありません。これは教育上の問題だけでなく、実際の手術を受けられる人と受けられない人の間に大きなスキルギャップを生じさせることにもなります。

ヨーロッパでは、開腹手術と血管内手術の比率が拡大しており、医師は開腹手術のセンターを探すのに苦労することがあります。米国でも同様の問題があり、代替ソリューションの必要性が非常に高まっています。では、その答えは?

血管外科の教授としての豊富な学術的経験から、Xavier Berard博士は、録画された手術やライブストリームに真の教育的価値があると考えています。課題は、血管外科手術は3~5時間かかることです。これは、画面に映るには長い時間であり、学生や研修生が見るには長い時間です。彼の考えでは、20分から30分のフォーマットで、編集された映像や特定の手術の一部を見せることが、教育に最適な方法です。ただし、この場合、手術の様子を録画し、学生にとって適切な内容に編集する必要があります。

 

ソリューション

"私の診療では、開腹手術の場合、非常に深く、時には外科医にしか見えないこともあります。それを捉える方法-それがこのような装置です。"

ボルドー大学血管外科教授 Xavier Berard氏

ベラルド博士は、教授として、また一流の外科医として、学生向けの高解像度(HD)ビデオトレーニングコンテンツを作るために、さまざまな技術やアプローチも試してきました。アクションカメラやスマートフォン、そしてその両方を試してみましたが、HDモードではバッテリーの寿命が短くなるなど、常に困難に直面しているようです。

それだけでなく、これらのデバイスは手術室(OR)環境にも適応する必要があります。高品質のカメラを搭載した「プロ用」スマートフォンは、必要な高品質の映像を生成しますが、外科医以外のオペレーターを必要とします。つまり、視聴者は、手術室で外科医の横に立っているときのような「肩越しの視点」を得ることになるのです。

教育関係者にとって一番良いのは、没入型で使いやすい技術を使って、外科医の目線で手術の様子を見ることです。特に血管外科は奥が深く、術者以外には見えにくいことが多いので、その点は注意が必要です。また、ズームや編集を可能にするためにもHD映像は欠かせません。非HD映像がピクセル化すると、教育ツールとしての価値を失います。また、時には外科医が一歩下がって助手とディスカッションすることも必要です。ウェアラブル技術を使えば、それが可能になります。

そこでベラルド博士は、LinkedInでRods&Conesが自分の専門外の手術に使われているという投稿を見つけ、問い合わせたところ、Rods&Conesのリモートアシスタンスサービスを手に入れることができたのです。

 

インパクト

Rods&ConesのvisOR-Vはあらゆる手術に対応しますが、Berard先生は血管外科手術に使用した最初の外科医の一人です。すぐに、より多くの人と専門知識を共有するために必要な手術ビジョンを提供し、その結果、病院はスタッフルームとORをつなげました。

使い始めて数カ月、ベラール医師は大学のフェローやレジデントを招いて内部講習会を開催した。また、フランス各地から同僚を迎え、スタッフルームから遠隔操作で手術に立ち会うこともありました。記録された症例は簡単に削除できるため、セキュリティも万全で、データプライバシー規制を遵守し、患者の身元を保護することも容易です。

医療関係者からの要望が高まる中、教育用ビデオコンテンツのライブラリを構築していく中で、Rods&Conesの技術を使った教育用コンテンツの作成と共有が、手術のトレーニング、ひいては患者の転帰を改善する未来があることが明らかになってきました。

ベラード博士は、教育者としての役割として、新しい技術に関する継続的な教育(世界の一部では専門知識の喪失)、再教育コース、世界のどこにいる研修生など、世界規模での遠隔支援技術の応用の可能性を見いだしています。また、看護師不足の現在、より多くの手術室看護師を教育するための有効な手段であるとも考えています。

Rods&Conesがあなたの病院の外科手術トレーニングの改善にどのように役立つかをお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。 デモを予約する.

 

営業に相談する