リモートファーストのORをデザインする

情報化時代を通じて、テクノロジーはヘルスケアを含むあらゆる産業を改善しました。より多くの組織がデジタル・ファーストの構造を実現することで、これらの改善は加速し、倍加しています。

しかし、医療はまだ最大のギャップを抱えており、少なくとも今は、リモートファーストのシステムが主流ではありませんが、Rods&Conesでは、これらの課題をチャンスと捉えています。.

安全プロトコルとサポートの強化

リモートファーストの手術室では、主治医は決してサポートなしではいられません。医療技術提供者チームからの関係者、専門的な導入スペシャリスト、また必要に応じて指導的な手術指導を受ける機会が与えられれば、基本的な手術室のリスクが減少し、患者と医師チームへの徹底したケアが提供されるのです。

他業界のプロフェッショナルが、ある仕事の話題で盛り上がった気持ちを和らげようとするとき、「私たちは心臓手術をしているわけではない」とよく口にするそうです。この場合、私たちはしばしばそうなる(!)。リモートファーストの仕組みがなければ、リアルタイムのエスカレーションを実現することは不可能です。

医療全般の質の向上

このことは、リモートファースト手術室のもう一つの大きな利点である、距離に関係なく、より良い患者ケアを提供することにつながります。患者さんの利益と健康を第一に考え、いつでもどこでも同じレベルのケアを提供することができれば、リモートファースト・モデルへの移行において、手術を進歩させ、既存のケア水準を向上させる機会が重要な要素となることは明らかです。

これは、手術中の安全性を高めるだけでなく、これまでアクセスできなかった学習の機会を提供するものです。リアルタイムで手術後のフィードバックにアクセスできるため、医師は仕事中に学び、成長し続けることができます。また、学生は手術室の様子を文字どおり見ることができるため、教科書で学ぶよりもはるかに効果的に、手術の詳細を理解することができます。

変化は常に困難なものであり、患者の安全を守るための懸念は、すべての医療の意思決定の最前線にあり続けるべきです。しかし、リモートファースト手術室の利点は実証済みであり、最終的に最も恩恵を受けるのは患者さんなのです。

営業に相談する