遠隔支援手術に関する5つの迷信を覆す

ヘルスケアや医療機器の販売など、確立された分野で新しい技術を導入する場合、従業員の間には常にある種の懐疑的な見方があります。 

なぜでしょうか。経験豊富なプロフェッショナルは、すでに確立された仕事のやり方が十分効果的であると信じている場合、変化に対してより抵抗を感じるかもしれません。 

また、日々の活動で成果が目に見えない場合や、すぐに明らかな効果が得られない場合など、新しいテクノロジーの長期的なメリットを見出せないこともあります。また、技術の進歩に脅威を感じ、デジタルトランスフォーメーションが余剰人員につながることを恐れている場合もあります。

しかし、今回の世界的な大流行が私たちに教えてくれたことは、遠隔地のデジタル技術は私たちの働き方に大きな柔軟性を与えるだけでなく、より効率的で持続可能な働き方を可能にしてくれるということです。 

遠隔支援技術は、世界規模で医療知識の共有に革命を起こし、民主化を進めています。外科医と医療機器メーカーが連携する方法を改善し、世界のあらゆる場所で患者の転帰を改善するのに役立っているのです。 

しかし、遠隔操作手術は、世界中の医療従事者や医療機器メーカーから支持され続けている一方で、あまりにも一般的な俗説という問題に直面しています。  

 

誤解1:制約がある

よくある誤解は、新しいトレーニングや再教育コースを受けている研修医や外科医は、スクリーン越しに見るよりも手術室(OR)で見る方が多いというものです。実際には、手術室では、特に血管外科のような深い手術では、手術の「肩越しの」視点に限定されます。ボルドー大学の血管外科教授であるXavier Berard博士が最近の記事で指摘しているように、手術技術の指導や学習には、外科医の目線が最適なのです。スマート手術用メガネを使えば、視聴者は手術の様子を最もよく見ることができるのです。 

とはいえ、より広い文脈が必要な場合は、Rods&Conesのようなデバイスを使用します。 パノールは、OR全体を360度見渡すことができ、リモートコントロールも可能です。さらに、Rods&Cones monitORのようなスマート手術用メガネに接続された画面をOR内に追加することで、看護師やサポートスタッフに術者の映像や音声を共有し、全体像を把握させることが可能です。 

手術室では、目は2つ、角度は1つです。リモートアシスタンス技術により、複数のアングルから、すべての状況を把握することができます。  

 

迷信2:複雑 

残念ながら、すべてのテクノロジーの評判は、新しいデバイスを購入する際に、消費者のネガティブな経験によって汚されることがあります。多くの人が、消費者としてテクノロジーの不満を経験したことがあるのは、デバイスが謳い文句のシンプルさに応えられないときです。紙のマニュアルが提供されず、オンラインチュートリアルを探して機器を操作し、使用するということもよくあることです。医療従事者は、複雑な技術を追加することなく、一日の仕事の中で十分に対処することができます。

Rods&Conesのキットの違いは、すべてが1つの収納ケースに収まっており、箱から出してすぐに使えるように設計されていることです。プラグアンドプレイの技術で、私たちのチームによるトレーニングも含まれているので、すぐに使い始めることができます。また、24時間365日のテクニカルサポートを提供していますので、導入後も決して孤独ではありません。当社のリモートサービスでは、ソフトウェアのインストールは不要で、Wi-Fiまたは4Gに接続するだけで利用できるのは心強いですね。 

 

迷信3:人間に取って代わるものだ

遠隔支援技術は、患者の予後を改善し、医療業界の効率化を促進することができます。しかし、それは人に取って代わるものではありません。その名が示すように、その役割は、人と人をつなぐことによって人を支援することです。この技術を手術室に導入することで、遠隔地の医療従事者は手術の全貌を把握できるようになり、研修医のトレーニングがしやすくなり、サポートを求められる医療専門家もより明確な視界を得ることができます。 

医療機器メーカーにとっては、1回のデモで複数の見込み客と接することができるため、MRに大きなリーチがもたらされ、複数の場所に出向く必要がなくなり、時間とコストの節約につながります。しかし、残念ながら、遠隔操作の技術は、販売を促進するものではありません。そのためには、人が必要なのです。

 

誤解4:安全でない 

通信技術に関する大きな懸念事項のひとつに、データのプライバシーとセキュリティがあります。特に医療分野では、規制が厳しく、データ・プライバシーに関する規制もますます厳しくなっています。そのため、インターネットやデータ接続を介して手術をライブでストリーミングするというコンセプトは、セキュリティに敏感な医療従事者を特に警戒させるものです。そして、それは当然のことです。データ漏洩はコストがかかるだけでなく、評判や患者の信頼に大きな損害を与える可能性があります。 

そのため、Rods&Conesは、管理、技術、および運用機能の観点から、当社が処理する情報の種類に対して適切なレベルの制御を採用した情報セキュリティプログラムを維持しています。Rods&Conesのプラットフォームと保存された個人データは、Microsoft Azure(認定ISO 27018)上でホストされ保存されています。データは物理的にオランダでホストされており、GDPRに完全に準拠しています。当社の物理的なセキュリティは以下の通りです。

  • 256ビットAES暗号
  • ネットワークセキュリティ
  • バックアップとディザスターリカバリー
  • 128ビットSSL暗号化通信によるWebコミュニケーション
  • Open Web Application Security Project トップ10

当社がお客様のデータを保護する方法の詳細については、当社の セキュリティステートメント.

 

迷信5:高い

多くの人は、リモートテクノロジーは高価だと考えています。しかし、Rods&Cones のリモートアシスタンスソリューションの導入コストを、例えば医療専門家や医療機器担当者を国内の別の場所、あるいは世界のどこかに派遣するための旅費や滞在費と比較すれば、そのコスト削減と持続可能性が明らかになります。 

それだけでなく、移動の必要がないため、遠隔手術支援は時間を節約し、当該専門医の直接手術のスケジュールをより多く確保することができます。また、遠隔地の専門家が手術室とつながっているため、リアルタイムで知識を共有でき、特により具体的な専門家のアドバイスが必要なケースでは、手術を迅速に行える可能性があるため、手術時間の短縮にもつながります。 

 

価値を見出す

全体として、遠隔手術技術にまつわる神話は、この技術が何であるか、何をするか、そして知識の共有、処置の改善、患者の転帰など医療専門家にとっての利点についての洞察がなければ理解できないものでしょう。この最先端技術の価値は、医療業界におけるより幅広いツールのレパートリーの一部として認識されることなのです。

Rods&Conesは、医療従事者、医学部、医療機器メーカー向けに、様々な遠隔手術のソリューションを提供しています。詳細はこちら 製品 をクリックすると、あなたにぴったりのソリューションが見つかります。

営業に相談する