2021:私たちがスケールアップする年

目と鼻の先で物事が変わると、気づかないうちに終わってしまいがちです。しかし、今にして思えば、2021年を通じてRods&Conesが組織としてどれだけ成長したかを感じないわけにはいきません。今年は確かに転換期でした。スタートアップからスケールアップを果たし、今では遠隔手術支援技術のリーディングサプライヤーとして認知されています。

ここでは、その成長の様子をスナップショットでご紹介します。

大西洋航路の拡大

2021年、私たちはついにアメリカへ進出しました。オランダの本社で基盤を築いた後、米国フロリダ州ネープルスにオフィスを開設し、Rods&Conesをグローバルなプロバイダーとして位置づけ、北米市場への参入を開始しました。このオフィス拡張は、私たちが今後どのように展開していくかを示す、大きなマイルストーンとなりました。

新市場・新言語

地理的な拡大は、オフィスの増設だけにとどまりません。今年は、バルセロナとマニラにカスタマー・エクスペリエンス・センター(CEC)を開設しました。グローバルに展開することで、週5日、24時間体制のカスタマーサポートが可能になり、お客様が最も必要とするときに、私たちがそばにいてあげられるようになりました。

CECは、当社のサービス提供の基本であり、差別化要因でもあります。当社のグローバルな野心をさらに強調し、中国語、日本語、韓国語、英語を含む8言語での言語サポートを可能にしました。

現在、Rods&Conesは30カ国以上、600以上の病院で利用されており、その勢いは衰えることを知りません。

6倍のチーム成長

2021年を通しての私たちの成長を示す最も強力な指標は、おそらくRods&Conesチームの進化でしょう。過去12ヶ月の間に、7人のコアチームから、ヨーロッパとアメリカの拠点で研究開発、ビジネス開発、マーケティングなど、私たちの発展を支える50人以上のチームに成長しました。

主要製品の成熟度

最後に、製品そのものの進化です。暦の上では、スマートグラス一辺倒だったのが嘘のようです。

そして1年後、Rods&Conesはフルパッケージを提供することになったのです。それは、お客様が手術室にバーチャルに立ち会うことを可能にするソリューションです。

また、mirrORソリューションでは、X線、超音波、内視鏡などのさまざまなビデオフィードを接続し、遠隔地の専門家にブロードキャストすることができます。

panORは手術室を360度見渡すことができるデバイスで、chargORはRods&Conesのデバイスを充電して安全に保管できる便利なキャリーケースです。

ハードウェアの改良に加え、サービスをご利用いただいているパートナーの皆様からの積極的なご意見をもとに、ソフトウェアも大きく進化しました。

まず、リモートエキスパートのユーザーインターフェースをより簡単で優れたものに改良し、多数の新機能を追加し、医療現場のユーザーのニーズにぴったり合うように他の機能を採用しました。

また、サードパーティーのアプリケーションを追加することなく、世界中の多くの視聴者にリモートビューを配信できる独自のwebinORシステムも発表しました。この統合システムは、最大50人が専門家と同じ映像を遠隔で見ることができます。フルHDで低遅延、伝送中の放送遅延もなく、業界では他に類を見ない真のライブセッションに変換します。

このハードウェアとソフトウェアの組み合わせは、手術室の完全なリモートビューを実現し、その場にいるよりも優れた視点を提供することができると考えています。

ロードマップの次

2021年を振り返ると、ここまで来られたことに勇気づけられます。しかし、私たちは先を見据えることが大切です。次は、世界的な成長の拡大です。

2022年は、企業や医療機関が遠隔技術を業務の中心に据えたモデルチェンジを開始する年になると予想しています。

それを実現するために、私たちは可能な限り良い体験を提供できるように改良を続けています。これは、遠隔地の専門家が手術室内でより没入感のあるバーチャルな存在を実現するために、進化し続けるでしょう。

準備はできています。

営業に相談する